▲TOPへ戻る

診療案内

待合室

診療科目

耳鼻咽喉科 小児耳鼻科 肛門科

耳鼻咽喉科

耳の症状

耳の症状耳が痛い 耳がかゆい 耳だれ 耳垢
難聴 耳鳴 耳閉感 めまい
耳のできもの 耳に異物(おもちゃ・虫)

鼻の症状

鼻水 鼻づまり くしゃみ 鼻が痛い 鼻がかゆい 鼻血 鼻がにおう においがわからない
鼻に異物(おもちゃなど) 花粉症、アレルギー性鼻炎 鼻のできもの

のどの症状

のどの症状のどの痛み のどの違和感 のどのかゆみ
咳 痰 声がかれる むせ 飲込みが悪い
味がわからない 口内炎 舌の痛み

その他症状

顔の動きがわるい(他手足は問題なし)
くびのはれ 

小児耳鼻科

耳、鼻、のどに関し大人と基本的には同様ですが、大人に比べ急性中耳炎や副鼻腔炎になりやすい傾向にあります。
滲出性中耳炎(痛みはないですが滲出液が溜まることで聞こえが悪くなる病態)になることも多いです。
耳用の硬性鏡もありますので、しっかりと鼓膜の状態をみることができます。

急性中耳炎

症状として耳が痛い、発熱、耳だれなどがおきます。概ね8割のお子さんが一度はかかると言われています。鼻水が原因となることがほとんどで、細菌やウイルスが鼻と耳をつないでいる耳管を通り、耳に炎症がおきます。

子供の耳管は大人に比べると短く、また太くて水平ですので、鼻から耳に炎症がいきやすいのです。特に保育園など集団保育を行っている場合は感染頻度が高く再発、難治化することもあります。

一般的には抗菌薬などの内服薬で良くなりますがどうしても繰り返しおきてしまうことも多々あります。そんな時に漢方が有効なことが多いので試してみてはいかがでしょうか。

滲出性中耳炎

鼓膜の奥の中耳に滲出液が貯まった状態をさします。感染が起きなければ、通常痛みを伴いません。のど・鼻の炎症が中耳に入りやすいことやアデノイドや扁桃が大きく耳管を圧迫しやすくなっているため小児に多い疾患です。軽度ですが難聴になることが問題です。子供では難聴の症状を訴えないため見逃されがちなのでテレビの音を大きくする、後ろから呼んでも返事をしないなどの変化に気づいたら診察を受けても良いでしょう。特に就学前では、まだ十分に字を読むことができませんから、聴力を確保できるかどうかは言語発達に影響します。
治療は内服薬や鼻・のどの治療、改善が乏しければ鼓膜チューブを留置することもあります。

漢方処方

漢方処方西洋医学では治療に難渋する疾患が、東洋医学の漢方薬で改善できることが多くあります。
単独もしくは西洋薬との併用などみなさまの体質に合わせ処方いたします。
また、大人のみならずお子さまの長引く症状にも効果的ですのでご相談ください。

肛門科

痔核

設備紹介

耳鼻科の診察室

【耳鼻科の診察室】

ネブライザー

【ネブライザー】

鼻、のどに薬を行き渡らせます。鼓膜マッサージもできます。
聴覚検査室

【聴覚検査室】

レントゲン室

【レントゲン室】

内視鏡

【内視鏡】

声帯など、のどの奥まで観察できます。耳用の硬性鏡もあります。
設備

【超短波治療器】

耳・鼻・のどの炎症を緩和します。温かくなり気持ち良いです。
設備

【干渉電流型低周波治療】

干渉低周波を用いて肩こりや腰痛、しびれの緩和を行います。
設備

【スーパーライザー】

星状神経節照射(近赤外線)により治療を行います。耳鼻科疾患では突発性難聴、耳鳴、めまい、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、鼻閉、扁桃炎、嗅覚障害、末梢性顔面神経麻痺、顔面痛(顎関節症など)、舌痛症などが適応です。他にも帯状疱疹、頭痛などの痛みにも良いです。
投薬にプラスし効果を期待できます。痛みがなく安全で副作用もありません。